天草は、椿の島

AMAKUSA TSUBAKI

椿は地域のシンボル。

天草下島の西海岸に位置する西平地区。東シナ海を望み、絶景のロケーションに恵まれたこの地には、約2万本もの椿が群生しています。夏は豊かに葉を茂らせ、秋はみごとな実をつけ、冬には可憐な花を咲かせる椿は、地域のシンボル。

暮らしの中の椿油

この椿が地域にもたらすもののひとつが、椿油。 人々は昔から、種を搾って油をとり、それを生活に取り入れてきました。椿油は整髪剤や食用、機械の潤滑油として重宝され、殻や伐採木は燃料として再利用され、素朴で可憐な紅い花は人々の心を癒しています。

人々の心の糧として

椿がもたらすもうひとつのものは、形はありません。 それは、「心の糧」だからです。一堂に集まり椿油づくりに励む秋の収穫時期は、ここに暮らす人の心と心を繋ぐ時間。完成した椿油はたとえ少量でも、大きな喜びや誇りとなって、人々の心を支えています。

そして未来へ。

伝え聞いた記憶を辿ると、椿油がつくられるはるか昔から、野生の椿はここにあり続けました。昭和の中頃に椿油づくりが途絶えたときも、どんなときも。西海岸の厳しい風雪に耐え、岩だらけの土地にしがみつくようにして生き抜いてきた2万本の椿とともに、西平地区の暮らしがあります。
その宝物を、未来へも。小さな集落の暮らしは、椿に守り、守られて、これからも続いていきます。

NISHIBIRA
CAMELLIA PARK

雲仙天草国立公園
西平椿公園

NISHIBIRA CAMELLIA PARK

天草町花となっているヤブツバキ。町内の山野のいたるところに自生し、1月から3月にかけて紅に咲く花は、私たちを楽しませてくれます。 ここ西平椿公園は、椿の群生地として約1万本の自生林があり、ヤブツバキの持つ素晴らしさを見出し、新しいイメージで椿の里づくりを進めるために、平成5年度から8年度にかけて林野庁の補助を受け、特用林産産地化形成事業で整備いたしました。
西平椿公園は、雲仙天草国立公園の区域として指定され、恵まれた資源、海、緑、豊かな環境、そして椿は大きな町のシンボルとしてなくてはならない自然財産です。

CAMELLIA
JAPONICA

ヤブツバキ

CAMELLIA JAPONICA

ヤブツバキは日本の温暖な土地に自生し、古くから日本人に親しまれてきた樹木です。また、これを原種として、近世頃から観賞用として盛んに品種改良も行われてきました。ここ西平のヤブツバキは、観賞用というよりも人々の生活と深く関わって群生地が形成されたようです。ヤブツバキの実は多量に油分を含んでおり、上質の油をとることができます。主に整髪料として使用され、生活に役立てられてきました。そのため、人々は昔からこのヤブツバキを伐ることなく大切に守り続け、その結果として熊本県かでも有数の群生地ができたと考えられます。

AMAKUSA
MARINE PARK
OBSERVATORY

天草海中公園

AMAKUSA MARINE PARK OBSERVATORY

昭和45年7月、天草に我が国で初めて国指定の海中公園が苓北町と天草町および牛深市(現天草市)にそれぞれ誕生しました。
天草灘の男性的な風景の中に、岩礁や断崖が絵のように連なっており、亜熱帯性の海域であるだけに海水の透明度も優れ、色とりどりのサンゴや魚類、海藻等がにぎやかです。眼下の天草灘を望むと目に飛び込んでくるのが雄々しく佇む十数個の尖塔状の岩礁「大ケ瀬」。その南方には「小ケ瀬」があり、釣りのポイントとして人気です。ここから眺める夕陽は「日本の夕陽百選」に選ばれており、秋の夕暮れにカメラは欠かせません。

西平カメリアクラブ

1991年、大江西平地区の中堅若手10人で、椿油生産の担い手として結成。以来、西平椿公園の管理業務として園内の除草や清掃作業を行いながら、椿公園周辺の椿の実を採集し、椿油の搾油、濾過、販売を続けています。自然の賜物であるがゆえ、年によって椿の実の収穫量が大きく変化するという悩みもありますが、搾油機械の操作技術を研鑽しながら、丹精を込めて真っ直ぐな椿油を生産しています。現在、発足当時からの会員4人の他、親から子へ世代交代したメンバーや新たなメンバーも加わり、10名で活動しています。

天草椿の会

2016年、西平カメリアクラブを中心に、市内で椿に関わる企業、応援する企業への呼びかけで結成された有志の会です。椿の優良な樹木を増やすべく挿し芽の作業を行い、苗木の育苗、販売も視野に入れながら、植樹活動もすすめています。また、古木の若返りを図って行う切り返し伐採作業や間伐作業の伐採木を活用した「椿炭」の生産もスタート。天草を椿の島へ、という思いの下、西平カメリアクラブと連携したこれらの活動を通して、全国に天草の椿を発信していきます。

椿油ができるまで

天草椿の商品

天草椿炭
天草椿の会

天草椿炭

潮風を直に受け、岩にしがみつくように自生する、農薬・化学肥料不使用のヤブツバキ。この切り返し伐採作業や間伐の伐採木を炭にし、洗浄、煮沸、乾燥しました。

天草椿油
西平カメリアクラブ

天草椿油

西平椿公園周辺で潮風と太陽の光をいっぱいに浴びて育ったやぶ椿の実(種子)を使用して作られた、手作りのオーガニック椿油です。

天草椿の苗
天草椿の会

天草椿の苗

西平地区に自生するヤブツバキのうち、特に優良な母木を挿し芽した苗です。

アマクサカメリアオイル プレミアム
Ring-a-Bell(株式会社アマケンテック)

アマクサカメリアオイル プレミアム

天草西海岸に自生するヤブツバキから採れた無農不使用の種子油から採れた貴重な椿油のみを使用し、化粧用グレードに仕上げました。

天草椿油とミツロウの
肌に吸いつくバーム作り(体験メニュー)
HIGH BEACH relax

天草椿油とミツロウの肌に吸いつくバーム作り(体験メニュー)

保湿力が抜群の椿油と蜜蝋の組み合わせは、市販のものでは味わえない肌への吸い付き具合です。精油も天草産を使用しますので、100%天草産のこだわりの一品をお楽しみ頂けます。

PAGETOP